catch-img

ホテルのアメニティグッズは持ち帰っていい?

ホテルや旅館、レジャーホテルなどにご利用いただいている、ハブラシや入浴料などのアメニティグッズ。これらのアメニティグッズを持ち帰るお客様もいらっしゃいますが、どこまで持ち帰っていいものでしょうか? 

アメニティ専門メーカーの株式会社マインに勤務している、吉田がまとめました。


目次[非表示]

    1. どのようなアメニティが備え付けられているか? 
    2. ホテル、旅館のアメニティは持ち帰りはOK ? 
    3. タオルは持ち帰ってよいか
    4. アメニティのセルフサービスが増えています。
    5. 海外のホテルでは持ち帰っていいの? 
    6. アメニティは和製英語! 海外の「持ち帰ってよいですか?」は何と言うの?
    7. マイン通販でアメニティグッズが揃います! 


どのようなアメニティが備え付けられているか? 

アメニティとは、ホテル、旅館、レジャーホテルなど宿泊のお部屋にある備品のことです。
施設により若干の違いはありますが、一般的には以下のものが揃えられています。

・歯ブラシ、歯磨き粉
・カミソリ
・ボディウォッシュスポンジ
・紙コップ
・インスタントのコーヒー、お茶
・シャンプー、コンディショナー
・ボディソープ、石鹸
・シャワーキャップ、綿棒、コットン
・ヘアブラシ
・ヘアピン
・バスタオル、フェイスタオル
・浴衣、バスローブ
・バスマット
・スリッパ

ホテル、旅館のアメニティは持ち帰りはOK ? 

持ち帰っていいものと、ダメなアメニティがあります。

持ち帰っていいものは
衛生上使い回せないものや1回分のアメニティは持ち帰っても大丈夫です。

・歯ブラシ、歯磨き粉
・カミソリ
・スポンジ
・ボディウォッシュスポンジ
・紙コップ
・シャワーキャップ、綿棒、コットン
・ヘアブラシ

ボディソープ、シャンプー、コンディショナーは、1回分の個包装タイプは持ち帰ってよいです。
部屋に備え付けている容量が大きいタイプは持ち帰ってはいけません。
また「アメニティセット」として袋でまとめられている物も、持ち帰ってよいです。


タオルは持ち帰ってよいか

バスタオル、足拭きマット、バスローブなどの大型のリネン類は、持ち帰ってはいけません。
ただ粗品でいただくような袋入りのタオル、
ロゴ入りの薄手のタオルは宣伝効果になりますので持ち帰っていただいて構いません。
タオルは線引きが難しい所でもありますので、フロントに確認するのをおすすめします。


アメニティのセルフサービスが増えています。

お部屋に備え付けのアメニティは、コロナ以前から未使用でも廃棄をしている所が多いです。
使っていないけど捨てるのはもったいないという観点から
フロントで必要な分だけをセルフサービスでもらうスタイルも増えています。
「アメニティバイキング」とも言います。

セルフサービスを実施しているホテルでは
入浴剤、ミニタイプのコスメなど幅広く扱っていることがあり
お客様が自由に選べて好評なサービスです。ホテルサービスの差別化にも繋がります。

  • お客様はアメニティが選べる楽しさがある。
  • 未使用を使い回す必要がないので、コロナ対策になる。
  • ホテル側も設置する手間が減らせる。
  • 不要な人の分は減らせる。
  • 環境対策(SDGs)に貢献できる。

メリットばかりでとても増えているサービスです。


海外のホテルでは持ち帰っていいの? 

https://www.tripsavvy.com/take-things-from-your-room-1895668

海外でも同じコラムがありましたので、翻訳しました。
基本的には「わからないときは、フロントに確認をしましょう。」とのことです。


シャンプー、コンディショナー、ボディローション、コーヒー、バスアメニティのミニボトル、
スリッパ、文房具、便箋、はがき、封筒はOKです。ロゴが付いているため、持ち帰ってもらって広告になります。

ヒルトンホテルによれば
タオル、アイロン、ヘアドライヤー、枕、毛布、灰皿、聖書などが持ち帰られることがあるが
これらは持ち帰ってはいけません。

バスローブは置き去りにしてください。
一部の高級ホテルはゲストにモノグラムのローブが贈られることがあります。

わからない場合はフロントに聞いてみましょう。

ヒルトンキュラソーでは、朝食付きのマグカップを部屋まで持って行き、「コーヒーをつくる」ことができます。 実際には、これらのマグカップは非常に人気があるため、ギフトショップで購入できるにもかかわらず、毎日消えてしまいます。

ホテルの部屋から何かを持っていくと、追加料金が発生することがあります。
 ローブやタオルは非常に一般的に盗まれているため、多くのホテルがハンガーに料金を記載しています。 これらのアイテムを交換するための追加費用を、登録されているクレジットカードに自動的に請求します。


ナイジェリアを含むいくつかの国では、タオルなどのアイテムを持ち帰ってかえると捕まります。
繰り返しになりますが、特に外国を旅行していて法律がわからない場合は、フロントへ尋ねることをお勧めします。

どうしても持ち帰りしたい場合は、
多くのホテルでオンラインストアで購入できます。


海外のホテルには、歯ブラシがないことが多いので
持参することをおすすめします。

アメニティは和製英語! 海外の「持ち帰ってよいですか?」は何と言うの?


英語でアメニティ(amenity)は、「快適な設備、快適環境」を意味します。
hotel amenities ですとホテルで快適に過ごすためのアイテム全般のことになり、
部屋のテレビ、wifi、冷蔵庫なども含まれます。

ちなみにアメニティグッズ(amenity goods)は和製英語です。
アメニティ アイテムズ(amenity items) やホテル トイレタリーズ(hotel toiletries)と言います。

「アメニティアイテムを持ち帰ってよいですか?」は
英語では「Can I take hotel toiletries home」と言います。


マイン通販でアメニティグッズが揃います! 

弊社が運営しているマイン通販では、アメニティグッズを数多くそろえています。
歯ブラシ、シャンプー、コスメなどは自社国内工場で作っています。
一般消費者向けにはナチュラルコスメブランドGemiD(ゼミド)を展開していますので
ぜひアクセスしてみてください!

マイン通販(アメニティ・シャンプー、コスメ)
マイン通販

ゼミド (一般向けシャンプー・コスメ)
gemid通販