sdgs画像

マイングループは 「地球の未来」のために持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

SDGs(持続可能な開発目標)とは

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された
2016年から2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際社会共通の目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

マイングループではディスポ(使いきり)商品の製造・販売を行う企業の責任として、このSDGsの趣旨に賛同し、
化石燃料の使用を減らすバイオマス ※1 製品の提案をはじめ、ホテルアメニティのビジネスを通じてCO2の削減やごみの省力化など「地球の未来」を考えたやさしい取り組みを積極的に行っています。
※1 バイオマス:「生物資源から生まれた、再利用可能な有機性の資源(石油などの化石燃料を除く)」のことです。主に木材、海藻、貝殻、竹、草、プランクトンなどを指します。バイオマスは太陽エネルギーを使って水と二酸化炭素から生物が生成するものなので、持続的に再生可能な資源であることが大きな特徴です。

マイングループの取り組み

【バイオマスプラスチック製品の製造】

ホテルアメニティは、充実していると便利な反面、使いきりの商品が多い為ゴミを排出します。
当社では化石燃料の節約とCO2排出削減のために、プラスチックの代用となる
バイオマス(植物由来資源)を積極的に使用した商品開発を行っております。
また将来的には、海洋ごみ削減に直結できる完全生分解プラスチック ※2 アメニティの発売や、
山地生態系保全につながる竹材を主原料 ※3 としたバイオマスプラスチックの製造・バイオマスプラスチックのリサイクルなど、
協力会社と共に循環型の社会を実現できるよう積極的に取り組んでいます。

■具体的なアイテム

  • 竹粉を35%使用した「バイオマスハブラシ」「バイオマスコーム」「バイオマスヘアブラシ」を開発。
  • トウモロコシ澱粉を18~20%使用した「シャワーキャップ」の採用。
  •  サトウキビ収穫後の廃糖蜜を20%利用した「バイオマスフィルム」をアメニティのパッケージに使用。
  • その他のアメニティに関しても、カーボンニュートラル ※4 の観点から植物由来製品の販売を積極的に行っています。
※2 完全生分解プラスチック:土壌菌により二酸化炭素と水に分解されるプラスチックのこと。海洋プラスチックごみの多くは、地上で適切な処理をされず、分解されないまま川や海に流れ込んだものが多く、その量は年間800万トン以上とも言われ、何の対策も行わなければ2050年には海洋プラスチックごみの量が魚の重量を上回ると予想されています。 完全生分解プラスチックのアメニティが発売できれば、海洋保全にもつながると考えています。※3 竹材を主原料:西日本(特に九州)を中心に問題となっている『竹林問題』。繁殖力の高さと竹の需要の急速な減少により放置竹林が増加し、 里山の生態系を変えてしまうなどさまざまな問題を起こしています。バイオマスプラスチックの主原料を竹材にし、 定期的に伐採することで山地生態系の保全につながります。※4 カーボンニュートラル:バイオマス(植物由来資源)は 燃焼するとCO2(二酸化炭素)を排出しますが、そのCO2は植物が成長する過程で大気中から吸収するため、トータルとしてCO2の量は変化しない、大気中のCO2増減には影響を与えないという考え方のことです。

【デジタル印刷の産業化(活用)】

現在、飛躍的に活躍しているのが2018年に業界で初めてパッケージ印刷に導入したデジタル印刷機。
データからダイレクトに印刷を可能にした、版のいらないフルカラーのデジタル印刷機は、
ホテルアメニティや化粧品、製袋・ パッケージなどを小ロット・短納期で製造可能にしました。
旬なモノづくりのスピーディな対応には、絶大な効果があります。
なおかつ環境や作業員にもやさしい、バイオマスフィルムとデジタル印刷で
より環境に配慮した製品作りができるようになりました。
環境対策対応の印刷機としての用途もかなり大きく、グラビア印刷からデジタル印刷への切替を積極的に行っています。
■具体的な配慮
  • VOC(有機溶剤) ※5 フリーなので空気を汚さないため環境にやさしい、作業員の安全も確保。
  •  水をほとんど使用しない為、節水につながる。
  • 「版」がないので版の取替・洗浄、インキの洗浄に必要な洗剤や溶剤が不要。
  • 必要な数だけ印刷することで無駄なフィルムを残すこともなくゴミの削減にも効果。
  • バイオマスフィルムとの併用でより環境に配慮した製品作りの実現。
※5 VOC:揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称です。大気中の光化学反応により、光化学スモッグを引き起こす原因物質の1つとされており、揮発性があり、大気中で気体状となる有機化合物の総称です。 グラビア印刷は印刷インキ(9%)だけでなく、工業用洗剤(6%)、ラミネート用接着剤(6%)、洗浄用シンナー(4%)、 粘着剤・剥離剤(3%)と多くのVOC排出に影響しており、環境対策の課題は大きいと言えます。

【福祉施設への内職製造委託/働きがいのある現場作り】

ホテルアメニティの中でも内職商品の一部は地域の障がい者福祉施設への協力をお願いしています。
作業内容は施設の責任者様と打ち合わせ、対応可能な製品の作業を行っていただき、
最終チェックは自社工場で確認し梱包しています。

また、男性の職場のイメージが根強い工場ですが、女性でも安全に作業できるよう自社工場の製造ラインにおいても自動化を進め、
作業の重労働や残業をなくしており、若手社員や女性社員の声を反映した会議や商品企画も積極的に行っています。
年齢や性別、障がいに関係なくすべての従業員が活躍できる場を設け、働きがいのある環境作りに努めています。
マイングループでは「地球の未来」を考えて、環境にやさしいアメニティの提案をしております。

当社のバイオマス製品シリーズをお使いいただくことで、
地球環境対策に貢献することが可能です。

これからもマイングループはアメニティを通じて、環境にやさしい施設づくりをご提案します。

株式会社マインは、外務省ホームページにて紹介されました。


外務省のホームページはこちらです。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/case/index.html