ホテル、宿泊施設の担当者様へ

SDGs
企業価値を
高めることができる
アメニティのご提案
















  
「地球の未来を考えた」
施設づくり、はじめてますか?
私たちにできることはなんだろう。
アメニティから一緒に考えてみませんか。

施設の環境対策

コロナ以降、自由に行動ができない中、SDGsの認知度の高まりから人や地球への配慮を行う流れがあります。


大手宿泊予約サイトによると、
今後「サステナブルな旅行を優先したい」という考えに至った日本の旅行者は82%という結果でした。

82
【出典元:ブッキング・ドットコム】
https://news.booking.com/ja/earth-day-2021/


SDGs(持続可能な開発目標)とは

「SDGs(エスディージーズ)」とは、
「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際社会共通の目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。
sdgs

地球のこと、未来のことを考えているかどうかで
サービスや施設、企業の価値が決まる時代に
なってきました。



施設の環境対策が求められてるなか、
こんなお悩みはありませんか?

・何から始めたらいいかわからない。

・どう利益に繋がるのか分からない。

・手間がかかりそう。 







\ そんなお悩みに /

マインから竹粉配合歯ブラシのご提案


毎日施設で使われるアメニティを
地球にやさしい素材に置き換えることで
手軽に環境対策の取り組みをはじめられます。
竹粉配合のエコハブラシ





































〔竹を活用するメリット〕

POINT1

竹を配合してプラスチックを削減
素材に竹の粉を配合。
従来の歯ブラシの使い心地をそのままに
30%以上プラスチックの量を減らしました。

POINT2

不要な竹を資源に
竹はその特性から管理が難しく、
山を後継する人がいない竹やぶや竹林が放置された場合、
竹害が起こってしまう危険性がありました。
そのような竹を資源として有効活用することで
健康な山づくりを助けます。

竹害の一例

1日で1mも伸びる成長力で
山を侵食し、管理が大変なため
後継者不足の要因に。

 根が浅く地盤を支える力が弱いため、土砂崩れの危険性を高めます。 

竹には水を貯める性質があるため
山の地下水が減る要因になります。

 

POINT3


CO2排出削減に!

カーボンニュートラルの観点から
竹が植物として吸収するCO2と、
処分した時に出るCO2の量が同じになるため
CO2の増減に影響しないと言われています。

 

 

 毎日施設で使われるアメニティを 

地球にやさしい素材に置き換えることで  

手軽に環境対策の取り組みをはじめられます。 

また、企業価値を高めることにもつながります。

 

 

〔商品ラインナップ〕
竹を活用したハブラシ、ヘアブラシ・コームや
トウモロコシのでんぷんを18~20%配合したシャワーキャップ、
サトウキビの廃糖蜜を原料にバイオマス20を取得したフィルムを
使用したパッケージシリーズも取り扱っております。


























マイングループは「地球の未来」のために
持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
 

今後マイングループは、2021年4月施行の「プラスチック資源循環促進法」を見据え
使用済みの商品を回収し、製品の原料に戻すリサイクルを行う予定です。
ゴミにしない新時代のアメニティで、さらなる企業価値の向上につなげます。

SDGs・脱炭素の取組みにどの様に参加しますか?
2022年4月1日から始まる、プラスチックゴミ削減に向け策定された新しい法律、
「プラスチック資源循環促進法」をご存知ですか?
今、環境問題における対策はその対応が急速に、大きく変わろうとしています。
マイングループでは、「マテリアル循環」と「ケミカル循環」という
二つの方法で環境対策に対応できる計画を実践中です。
貴社はどちらを選択しますか?
マテリアルリサイクル
ケミカル
マテリアルリサイクルとは
マテリアルリサイクルはマテリアル(物)へと再利用(リサイクル)することをいいます。
弊社では、原料に伐採した竹を34~35%配合し、アメニティを製造。プラスチックの使用量削減を実現しました。

さらに今後は使用した製品を回収し、リサイクルを行う事業を計画しており、循環型リサイクルで環境対策へ貢献します。
ケミカルリサイクルとは
ケミカルリサイクルは原料に化学的な処理を施すことで、別の化学物質に転換する手法です。
これまでPET原料の汚れや異物を取り除くことが難しいと言われてきましたが、研究。技術開発により、純度の高いペット原料に再生できる様になりました。

今までは廃棄されていたペットボトルやペット製品も、ペットボトル・ペット製品として何度でも再生でき、天然資源である正規湯の使用量削減、温室効果ガスの排出抑制に貢献する事ができます。
マイングループがお約束する、環境対策に貢献できる、これからのアメニティ。

これからはアメニティをゴミにしない生産計画を推進してまいります。
弊社は、包装もバイオマス化。
デジタル印刷で施設様の環境への取組みを印刷。ユーザー様にお伝えし、企業価値を高めます。

弊社はリターン回収(納品物のみ)を行い、新しい商品へ作り替えます。

企業価値を高める
アメニティパンフレット

SDGs対応商品、循環型リサイクルへの
取り組みがひと目でわかる資料を
ご用意致しました。
下記のダウンロードフォームから
ダウンロード頂けます。
アップロードしています。少々お待ちください。
マイン

株式会社マインとは

  
創業40年以上の福岡のアメニティ専門メーカー。
自社で歯ブラシ、シャンプーなど
1から企画、仕入れ、製造、販売を行う。
弊社だけでホテルのアメニティがほぼすべて揃います。